それはまたの名を「装置」という。今でこそARやVRと呼ばれているけれど、678年に創建されたとのこと。周りの造作などがどこまで整備されていたのかは調べていないけれど、概念はあったはず。

 

神社は、時間や空間を超える装置である。ゆっくりと散策し、お参りをして、少し休んだり、団子を食べたり。なんて雅で落ち着きがあり、ゆたかな時間の過ごし方なのだろうと。まさに心が洗われるかのような体験ができる。

 

暖かくなったら、神社に行こう。

 

 

 

 


公式ウェブサイトはこちら

オンラインストアはこちら

ハーブ事典はこちら
トップページへ戻る

Site Statistics

  • Users online: 0 
  • Visitors today : 0
  • Page views today : 0
  • Total visitors : 382
  • Total page view: 740